ゴールドカードは、30代におすすめのカードです。

ここ数年、ドラマをまともに見ていない。なぜなら最近のドラマは原作があるもの、医療もの、刑事ドラマばかり。これらのものは視聴率がいい。だからこそ皆これらのものばかり作っている。昔はオリジナル脚本で作られたドラマが多かった。今ではほとんどない。視聴率がとりにくい為避けられているように思う。以前のドラマは俳優が中心であったが今主役をやったり出演しているのはアイドルやお笑い芸人。本業役者の人は脇を固めていることが多い。アイドルやお笑い芸人が芝居をやるのが悪いとは言わない。ある程度芝居を経験してから主役や重要な役をやるのであれば…。今では事務所のゴリ押しで大した経験もないのに主役をやったり重要な役をやる人が多い。俳優一本でやってきた人が可哀想に思う。俳優といっても演技が不評な人もいる。今のドラマは何十年後も語り継がれるとは思えない。昔のドラマは今でも語り継がれている。いつからこのようになってしまったのか。語り継がれるドラマを作ってもらいたい。最近のTVは昔に比べてつまらなくなってきているように思うのは私だけだろうか?コンプライアンスに縛られ、番組内容も当たり障りのないものばかり。ドッキリ番組ではドッキリの規模も小さく以前のドッキリ番組とは比べものにならない。お笑い番組も作り手からしたら視聴者などの顔色を伺って作っていることばかりではないだろうか。ほんとに作りたいと思っている番組を作っているのか疑問に思ってしまう。今視聴者のTV離れが目立つ。きっと面白味に欠けるからであろう。リアクション芸人で知られる出川哲郎が語る昔の仕事内容を聞くと驚くものばかりであり、命がけの仕事が多かったと思う。今のタレントでそこまでやる人はいない。コンプライアンスがとうるさいから。見ているほうが面白くないTVは作っている方も面白くないのでは?コンプライアンスが厳しい今、番組作りは難しいかもしれない。しかし、視聴者をアッと言わせるくらい面白い番組を作ってくれる人が出てくるのを待ち望んでいる。「お米のとぎ汁でスッピン美人に♪」私はお米を研いだ時の汁を使って洗顔や化粧水代わり、パックをしているので今回はそちらを紹介します。夜の洗顔では固体石けんを使って洗顔をして、お風呂上がりにお米のとぎ汁で化粧水代わりにつけて、コットンに湿らせてフェイスパックをしています。そのあとはいつも使用している乳液をつけてスキンケアは終わりです。お米は毎日の食事で炊きますし、とぎ汁は美肌効果が高くお肌に優しいので使用しています。夜お米を炊く時にとぎ汁をボールに入れておき冷蔵庫で保管をして使用します。朝の洗顔では洗顔料は使わずにお米のとぎ汁で顔を洗います。朝洗顔料を使用すると余分な皮脂まで落としてしまいお肌が乾燥をして、水分を出そうと夕方には皮脂が出てきてテカリの原因にもなります。お米のとぎ汁で顔を洗うと一日乾燥知らずのツヤ肌で居られます。現在は生活費の為に節約しており、この方法をやったところとてもお肌の調子が良く節約も出来ているので一石二鳥です!是非試してみて欲しいです。